FC2ブログ

【見学】ハートランドツアー(茨城・キリンビール取手工場) - スタイリッシュな国産ビール”HEARTLAND”の世界を知る

キリンビール取手工場で造られている”ハートランドビール”のツアーに参加しました。
開催は毎月1回(第二土曜日)で、定員は20名、予約は電話のみとなります。

テーマ:ハートランドツアー
日 時:2015年9月12日(土) 13:20-15:00(100分)
場 所:キリンビール取手工場(茨城県取手市桑原188-1)
定 員:20名
料 金:無料

★ハートランドビールについて
最初に、いつもの試飲会場で”ハートランドビール”の説明がありました(この時点で試飲はありません)。

<ビアホール・ハートランド>
150912 (22)キリン取手ハートランド_スライド(つた館、穴ぐら)
このビールは、1986年に東京・六本木にオープンしたビアホール「ハートランド」のハウスビールでした(テレビ朝日のグルメ番組がきっかけで同年に開発され、当初はテレビ朝日直営のレストラン「たべたか樓」だけで提供されていたそうです)。このビアホールは、ニッカウヰスキーの原酒貯蔵庫跡を利用した【穴ぐら。】と、蔦の絡まる大正時代の洋館【つた館。】の2館で構成されており、キリンビールのマーケティング部の直営店でした。当時としてはかなり大きい250席を有しており、六本木6丁目の再開発を機に1990年に閉館されるまでに、延べ50万人超が訪れたという人気店だったそうです。

<コンセプト>
このビールのコンセプトは、「素(そ・もと)~モノ本来の価値の発見」。厳選された麦芽とアロマホップのみを使用し、”素材の良さをそのままに、苦味をおさえた自然なテイストと澄んだ香味、素直な味わい”を目指して造られています。
商品名は、「心(HEART)」と「大地(LAND)」をつなげたもので、”心のふるさとであり、ほっとしたときに戻るところ。ビールがもっている自然で素朴なさわやかさ”を表しています。

<デザイン>
150912 (20)キリン取手ハートランド_ボトル
ロゴ(シンボル・マーク)とボトルのデザインは、デザイナーのレイ吉村氏が手掛けています。レイ吉村氏は、ダイエーやコクヨ、マツダ、都営地下鉄など、認知度の高いシンボル・マークをいくつも考案されています。

「大地にどっしりと根をのばす一本の大樹」は、ニューヨークの画家ラジャー・ネルソン氏が描いた”イリノイ州の穀倉地帯”の風景画がモチーフとなっています。樹と大地を囲う「ダイヤモンド・シェイプ(四角形)」は、四方への広がりや意志の強さを表しているそうです。

エメラルド・グリーンのボトルには、”KIRIN”の社名や”聖獣・麒麟”の絵柄を記したラベルが貼られておらず、かわりにブランドのロゴが大きく「エンボス(浮き彫り)」加工されています。このデザインは、”沈没船から発見されたラベルの無いエンボス瓶”がモチーフになっており、このカラーのボトルが使われたのは国内初だそうです。この船は200-300年前にヨーロッパからやってきてニューヨークの沖合いで沈み、キャプテン・ホフマンが引き揚げたものです。

<21年連続で前年比プラス>
150912 (23)キリン取手ハートランド_スライド(21年連続プラス)
ハートランドビールは2014年までの21年間、連続で前年比プラス(販売量?)を達成しているそうです。主にファンの口コミで人気を広げ、1993年の約2,000klから2014年には16,000kl超まで増加しています。

★工場見学
続いて醸造棟に歩いて移動し、ビール造りの説明を受けました。

<ビールの原料>
ハートランドビールは麦芽100%(オールモルト)、アロマホップを使用したキリンのプレミアムビールです。
150912 (30)キリン取手ハートランド_淡色麦芽とカラメル麦芽
この日の麦芽のサンプルは”淡色麦芽”と”カラメル麦芽”の2種。ビールの色合いは主に麦芽の焙燥温度によって決まります。
150912 (29)キリン取手ハートランド_ホップ2種 - コピー
左のホップは欧州産のペレット・タイプ(ヘルスブルッカー?)、右は岩手県・遠野で契約栽培されている国産の”キリン2号”。

<仕込み>
150912 (32)キリン取手ハートランド_仕込み
仕込みの煮沸時間は、一番搾りの11時間に対して、ハートランドは8時間。麦の存在感とボディ感を保ちつつ、スッキリとキレのある味わいに仕上げているそうです。

<発酵>
150912 (34)キリン取手ハートランド_発酵
続いて発酵のコーナーへ。
150912 (35)キリン取手ハートランド_顕微鏡
この日は顕微鏡で拡大した酵母をみることができました。
150912 (36)キリン取手ハートランド_ビール酵母
400倍に拡大した酵母の写真。元気な酵母は丸い形をしていて、死ぬとアメーバ状になるそうです。

<パッケージング>
150912 (43)キリン取手ハートランド_瓶詰
続いて、バスで敷地内のパッケージングを行う建物へ移動しました。この日は瓶詰めのラインが止まっていたので、映像を観ながらの説明でした。

150912 (48)キリン取手ハートランド_缶
現在、ハートランドビールの容器は”瓶(500ml・330ml)”と”樽”しかありませんが、1987年から1991年までは”缶”も作られていたそうです(1,000mlの缶もあったそうです)。今やハートランドの缶自体が貴重なものになってしまったそうです。ちなみに、小瓶は取手工場のみで生産されているそうです。

★日本初のアルト・スタイル
150912 (37)キリン取手ハートランド_アルト
1987年に神奈川県で限定販売(横浜工場で製造)された「ハートランド・アルトビール」は、日本初のアルト・スタイルのビールでした。”カラメル麦芽”を使用したライトブラウン色で、甘い香りとホップの効いた麦芽100%の生ビールだったそうです。アルトビールは西ドイツの北西部(デュッセルドルフを中心としたニーダーライン地方)で造られる”上面発酵タイプ”のビールです。現在は造られていませんが、これは心の底から飲んでみたいと思いました...

写真のように、ツアーの途中で何度か”クイズ”が出されました。おかげで、ハートランドビールのポイントがよく理解できました。ガイドさんの説明もとてもわかりやすかったです。

★試飲
工場見学の後は試飲会場に戻り、3種のビールを利きました。おつまみに、チーズ味の柿の種が付きます。
150912 (50)キリン取手ハートランド_試飲(オリジナルジョッキ)
1杯目はもちろん”ハートランドビール(alc.5.0%)”。ハートランドツアーの試飲ではオリジナルジョッキで提供されます。同じオールモルト・タイプでも”一番搾り”と比べるとライトで飲みやすく、ほんのりと柑橘系のような酸味が感じられました。Barで飲むハートランドビールも美味しいですが、工場のドラフトは鮮度が違うためか、よりフレッシュな印象を受けました。
150912 (51)キリン取手ハートランド_試飲(一番搾りフローズン生)
2杯目は”一番搾りフローズン生”。
150912 (53)キリン取手ハートランド_試飲(一番搾りフローズン生)機械
シャリシャリの泡は、この機械でつくられています。
150912 (55)キリン取手ハートランド_試飲(一番搾り・スタウト)
3杯目は”一番搾りスタウト”。

★王冠のバッジ
150912 (57)キリン取手ハートランド_王冠のバッジ
おみやげにハートランドビールの王冠でつくったバッジを頂きました。工場のスタッフさんの手作りだそうです。こういう遊び心は好きだなぁ...

★感想など
好きなビールのひとつ、ハートランドのツアーにようやく参加できました。取手工場は製造銘柄が多く、ツアーのバリエーションも豊富なので、来るたびに新しい発見があります。スタッフの方も皆親切で、今回も大満足のツアーでした。9/23にはなんと、工場の技術員の方が説明してくれるツアーがあるそうなので、早速申し込みました。

★関東鉄道(常総線)の代行バス
150912 (59)_関東鉄道常総線_代行バス
取手駅に停車していた関東鉄道(常総線)の列車代行バス。台風18号に伴う大雨(関東・東北豪雨)によって常総市内の鬼怒川の堤防が決壊し、線路や駅に大きな被害を受けたため、同線は9月10日に全線で運転見合わせとなりました。この日からちょうど、取手 - 守谷間で列車代行バスの運転が始まっていました(全線で通常運行に戻ったのは11月16日でした)。

★蕎麦花(茨城県取手市取手1-10-6)
150912 (3)取手蕎麦花_外観
この日の食事は、”土日だけ営業”しているお蕎麦屋さんで頂きました。お店は取手駅から555mのところにあります。
150912 (4)取手蕎麦花_説明書き
信州八ヶ岳のそばの実を、”石臼手碾き[いしうす-てびき]”、”手打ち”で提供するこだわりよう。
150912 (10)取手蕎麦花_蕎麦前
まずは、蕎麦前で一杯...
150912 (13)取手蕎麦花_せいろ
150912 (12)取手蕎麦花
野菜天せいろ(1,250円)。
150912 (16)取手蕎麦花_蕎麦湯
蕎麦湯。
150912 (14)取手蕎麦花_三重そば
三重そば[みかさね-そば](1,250円)。

150912 (2)田中酒造店 - コピー
蕎麦屋さんに向かう途中で酒蔵を見つけました。後で調べたら、「君萬代[きみばんだい]」の”田中酒造店”でした。蔵見学は、”商品の購入を前提として応相談”とのことでした。
150912 (1)新六本店
酒蔵の隣には、奈良漬のお店の”新六本店”がありました。

[Link]Indexページに戻る
[Link]Nomura Seijiの公式HP
[Link]ご意見・お問い合わせはこちらから
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : ビール工場見学
ジャンル : グルメ

プロフィール

Nomura Seiji

Author:Nomura Seiji
・お酒と薬膳理論の入門講座、飲酒教育
 nomuras.jimdo.com
・JSAワイン検定講師
・JSAワインエキスパート
・1971年生
・東京在住

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR