FC2ブログ

【見学】サントリー京都ビール工場(京都・長岡京市) - ツルに成るホップ、生ビール論争

サントリー京都ビール工場を見学しました。ツルに成るホップをはじめて観ることができました。

日 時:2016年7月10日(日) 10:00~11:10(70分)
場 所:サントリー京都ビール工場(京都府長岡京市調子3-1-1)
内 容:「ガイドツアー」(工場見学、試飲)
料 金:無料

★アクセス
160710 (2)西山天王山駅
この日は大阪市内から阪急京都本線の準急で、シャトルバスが発着する駅まで向かいました(梅田駅8:32→西山天王山駅9:12、運賃320円)。
160710 (5)サントリー京都ビール工場_シャトルバス(西山天王山駅)
シャトルバスは西山天王山駅の2番バス乗り場から発車します。工場までは、JR長岡京駅を経由して約18分です(西山天王山駅9:20→JR長岡京駅9:30→工場9:38)。
160710 (7)サントリー京都ビール工場_シャトルバス(JR長岡京駅)
JR長岡京駅のバス乗り場。

★ホップ
160710 (18)サントリー京都ビール工場_ホップ全景
バスを降りたら目に飛び込んできたのが、このホップのプチ畑(?)でした。工場見学で”収穫後のホップ”を見たことは何度もありましたが、ツルの状態のものははじめてだったので、嬉しいサプライズでした。
160710 (13)サントリー京都ビール工場_ホップの葉
早速近づいてみましたが、虫食いだらけの葉っぱがあるだけで、毬花は見当たりませんでした...時期のはずなのに...
160710 (31)サントリー京都ビール工場_ホップの毬花
戻り際にスタッフの方と会話をしたところ、毬花があるのはツルの上部だと判明!さっそく戻って上の方の写真を撮って確認してみると、確かに毬花がありました!(まぶしかったので肉眼では見えませんでした...)

<ホップの説明書きより>
・アサ科の植物で日本では「セイヨウカラハナソウ」と呼ばれています。
・春から夏にかけてツルが伸び、花をつけます。
・ビールの原料として使われるのはホップの受粉前の雌花が持つ毬花[きゅうか]です。その中に眠る黄金色の粉”ルプリン”が、独特の香りや爽やかな苦味、泡立ちをビールにもたらします。

★見学受付
160710 (20)サントリー京都ビール工場_消毒
入館前に手をアルコール消毒します。
160710 (21)サントリー京都ビール工場_受付表
用紙を記入して受付に渡します(予約していたので白い用紙)。この時に、大きな荷物を預かってもらいました。
160710 (25)サントリー京都ビール工場_待合ホール
待合室でツアーの開始を待ちます。
160710 (23)サントリー京都ビール工場_モンドセレクション最高金賞
「ザ・プレミアムモルツ」は、モンドセレクションで(金賞の上位の)最高金賞を3年連続で受賞しています(2005/2006/2007)。
160710 (27)サントリー京都ビール工場_ファクトリーショップ
待合室の近くのファクトリー・ショップ(売店)。

★工場紹介の映像とビールの原材料
160710 (26)サントリー京都ビール工場_映像ルーム
若い男性ガイドの挨拶の後に、工場紹介の映像を観ます。
160710 (29)サントリー京都ビール工場_ホップのペレット
恒例の麦芽の試食(ダイヤモンド麦芽ではありませんでした...)とホップの香りの確認。ペレットのホップが出てきたのも、はじめての体験でした。無理してでも来てよかった...

★製造場への移動(屋外タンク)
160710 (11)サントリー京都ビール工場_工場外観
160710 (32)サントリー京都ビール工場_屋外タンク(遠景)
映像を観た後は、製造場の建物へ歩いて移動しました。真下を歩いている男性ガイドと比べると、屋外タンクの大きさがよくわかります。
160710 (33)サントリー京都ビール工場_屋外タンク(タテ)
真下から見上げると本当に大きい...
160710 (34)サントリー京都ビール工場_屋外タンク(下部)
タンクの下部。
160710 (35)サントリー京都ビール工場_屋外タンク
連結部?足場?

★仕込み・発酵
160710 (37)サントリー京都ビール工場_仕込室
160710 (36)サントリー京都ビール工場_仕込みタンク
エスカレーターで2階にあがると、仕込室があります。ガイドさんの予告通り、蒸し暑い部屋でした...
160710 (38)サントリー京都ビール工場_仕込みタンク(タテ)

★「ザ・プレミアムモルツ」のこだわりの製法
(a)ダブルデコクション製法
160710 (39)サントリー京都ビール工場_ダブルデコクション製法
デコクションとは、仕込釜で麦汁を煮出すことにより、濃厚で芳しい麦汁を抽出すること。「ザ・プレミアムモルツ」は、仕込釜で一部の麦汁を2回煮出すことで、しっかり濃厚な麦汁を造り出しています。

(b)アロマリッチホッピング製法
160710 (40)サントリー京都ビール工場_アロマリッチホッピング製法
”煮沸開始直後はアロマホップだけ”を時間をかけて煮沸して引き締まった苦味を抽出し、”煮沸終了前後にファインアロマホップを投入”することで華やかな香りを引き出す製法。

★貯酒
160710 (45)サントリー京都ビール工場_貯酒タンク
発酵が終わったばかりの”若ビール”を貯蔵するタンク。

★ろ過
160710 (49)サントリー京都ビール工場_ろ過
役目を終えた酵母などを取り除く”ろ過器”。

<参考>生ビール論争
サントリーは、NASAが開発した”ミクロフィルター(プラスチックやセラミック製の膜をつけた精密濾過装置)”を使い、「熱処理をせずに酵母菌を除去した生ビール」の大量生産をはじめて実現しました(1967年発売の「純生」)。
それまでは「熱処理をせずに”酵母菌が生きている”ものが 生ビール」だったので、業界ではこれを機に、「生ビール論争」が起こったそうです。

・サントリー:「熱処理をしないビールはすべて生ビール!」 
・その他  :「酵母菌を取り除いたら生ビールではない!」
(1968年にアサヒビールが生きた酵母菌入りの「本生」を発売。ただし、要冷蔵、賞味期限2週間で、工場周辺のみの出荷)

1979年、公正取引委員会は「生ビール・ドラフトビール」の定義を「熱処理をしないビールのすべて」と公示し、この論争はサントリーの主張が認めらる形で終結しました。大手4社は現在、加熱処理をしないものが生ビールと定義しているそうです。

★パッケージング
160710 (51)サントリー京都ビール工場_パッケージング
できあがったビールを容器にパッケージングするライン。週末だったので機械は止まっていました。

★試飲会場へ
160710 (57)サントリー京都ビール工場_工場内シャトルバス
工場見学の後は、シャトルバスに乗って試飲会場のある建物に移動します。
160710 (58)サントリー京都ビール工場_空き樽
飲食店から戻された空き樽がたくさん積み上げられている光景は圧巻!この後、大きな倉庫の中を通り抜けて、試飲会場のある建物に戻りました。

★試飲
160710 (60)サントリー京都ビール工場_試飲会場
試飲会場のようす。ひとり3杯まで試飲ができます。
160710 (63)サントリー京都ビール工場_試飲(ザ・プレミアムモルツ)
160710 (64)サントリー京都ビール工場_試飲(ザ・プレミアムモルツ・香るエール)
160710 (65)サントリー京都ビール工場_試飲(ザ・プレミアムモルツ・マスターズ・ドリーム)
<試飲アイテム>
①「ザ・プレミアム・モルツ」Alc.5.5%、麦芽・ホップ。
②「ザ・プレミアム・モルツ〈香るエール〉」Alc.6.0%、麦芽・ホップ、上面発酵酵母。
③「~ザ・プレミアム・モルツ~ マスターズドリーム」Alc.5.0%、麦芽・ホップ。

②は上面発酵酵母を使用し、比較的高い温度(20度前後)で発酵させることで、フルーティーな香りを引き出しています。
③は”ダイヤモンド麦芽”の魅力を最大限に引き出すために、煮沸工程を3度繰り返す「トリプルデコクション製法」を採用。また、ビールの本場チェコに伝わる伝統的な製法の「銅製循環型ケトル」を導入し、高い熱伝導率を持つ「銅」を使って麦汁を炊くことで、より厚みのある香味を引き出しています。

★帰路
160710 (67)サントリー京都ビール工場_帰路
帰りは、西山天王山駅までの約900mの道のりを歩きました。駅まで1本道なのでわかりやすかったです。

[Link]Indexページに戻る
[Link]Nomura Seijiの公式HP
[Link]ご意見・お問い合わせはこちらから
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : ビール工場見学
ジャンル : グルメ

プロフィール

Nomura Seiji

Author:Nomura Seiji
・お酒と薬膳理論の入門講座、飲酒教育
 nomuras.jimdo.com
・JSAワイン検定講師
・JSAワインエキスパート
・1971年生
・東京在住

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR