FC2ブログ

[JSA]シャンパーニュ ティエノのフィロソフィー @東京・汐留

日本ソムリエ協会(JSA)のセミナーに参加しました。定員は210名ですが、ホームページ掲載後、わずか5分で完売したそうです。

テーマ:シャンパーニュ・ティエノのフィロソフィー
種 別:JSA関東支部 分科会
日 時:2015年4月8日(水) 14:00~15:30
会 場:コンラッド東京(東京・汐留)
講 師:スタニスラス・ティエノ氏(ティエノのオーナー)
コメンテーター:谷 宣英氏(JSA関東支部・東京地区長/トゥールダルジャン東京 シェフ・ソムリエ)
料 金:1,000 円(JSA会員価格。一般は7,000 円)


★テイスティング・アイテム(6種類)
①Champagne Thiénot Brut
②Champagne Thiénot Rosé
③Champagne Thiénot Vintage 2005
④Champagne Thiénot Cuvée Stanislas Blanc de Blancs 2005
⑤Champagne Thiénot Cuvée Garance Blanc de Noirs 2007
⑥Champagne Thiénot Cuvée Alain Thiénot 2002
IMG_3531.jpg


ティエノ123
①シャルドネ45%、ピノ・ノワール35%、ピノ・ムニエ20%。リザーブワイン45%。希望小売:6,460円
②ピノ・ノワール45%、シャルドネ35%、ピノ・ムニエ20%。リザーブワイン45%。希望小売:8,860円
③シャルドネ50%、ピノ・ノワール50%。希望小売:9,400円


IMG_3525.jpg
④希望小売:18,690円
⑤希望小売:18,690円
⑥希望小売:18,690円


印象的だったのは、谷氏の「シャンパーニュのロゼほど人為的なワインはないと思う(赤ワインを混ぜるため)。なぜ、そのように造るのか?」との質問。スタニフラフ氏は、「セニエでは色調のコントロールが難しい。また、タンニンが多く出てしまう。ティエノらしい繊細な色と香味を出すため」と回答していました。
リッチすぎるシャンパーニュはティエノらしくないとの考えから、暑かった2003年はヴィンテージ・シャンパーニュをリリースしなかったそうです。


『ティエノ』社について
・1985年、アラン・ティエノ氏により設立。比較的新しいメゾン。
・現在は、息子のスタニラフ氏と娘ガランス氏が経営を担う。
・シャンパーニュ地方に27haの畑を所有。
・ティエノ・ブリュット/ロゼ/ヴィンテージは全てカーヴで4~8年熟成。
・2年連続でアカデミー賞の公式シャンパーニュに選出(第85回、86回)。


『ベリー・ブラザーズ&ラッド』社について
・英国最古のワイン&スピリッツ商。
・2015年4月よりティエノの正規輸入元に。


IMG_3532.jpg
コンラッド東京(フロント前のオブジェ)


[Link]Indexページに戻る
[Link]Nomura Seijiの公式HP
[Link]ご意見・お問い合わせはこちらから
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

プロフィール

Nomura Seiji

Author:Nomura Seiji
・お酒と薬膳理論の入門講座、飲酒教育
 nomuras.jimdo.com
・JSAワイン検定講師
・JSAワインエキスパート
・1971年生
・東京在住

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR