FC2ブログ

【見学】キリンビール取手工場(茨城・取手) - ホップの鮮烈な香り(一番搾りプレミアム、とれたてホップ)。新蕎麦のように”旬のビール”を楽しむ贅沢。

ワイン教室とビール工場見学がセットになったツアーに参加しました。
後半のビール編では、鮮烈なホップの香りを存分に楽しむことが出来ました。

【前半のワイン編はこちら】

日 時:2015年11月21日(土) 10:30~12:20
会 場:キリンビール 取手工場(茨城県取手市桑原188-1)
定 員:30名
料 金:無料
交 通:JR常磐線・取手駅からバスで4つめの「北中原」下車(片道180円)
イベント内容:
①ワインの教室(60分)・・・シャトーメルシャンについて
②ビール工場見学(30分)
③ビール試飲(20分)

★ビール工場見学
ワイン教室とセットのため、今回は醸造棟のみの見学でした。
はじめにビールの原料と仕込みの説明があります。
麦芽の試食とホップの香りの確認をした後は、恒例の麦汁の試飲がありました。
151121キリン取手_麦汁
「キリン一番搾り」の一番搾り麦汁と「キリン淡麗」の二番搾り麦汁。
前者には麦芽の濃厚な甘みと滑らかなテクスチャーが感じられ、
後者には副原料のコーンによる香ばしさが感じられました。

151121キリン取手_酵母
続いて発酵の説明へ。写真は酵母菌(大きさは1/100mm)のパネル。
顕微鏡で400倍に拡大した酵母菌も確認できましたが、パネル写真と違ってびっしりと詰まっていました。

★テイスティング
151121キリン取手_試飲
左から、
①一番搾りプレミアム(Alc.5.5%、ドラフト、”かいこがね”一等品ホップ使用)
②一番搾り(Alc.5.0%、ドラフト)
③一番搾りとれたてホップ(Alc.5.0%、缶、遠野産凍結生ホップ使用)
この日の提供温度は6℃。他にスタウトが選べます。

違いを確認するため、3杯同時に試飲させてもらいました。
①は目が覚めるような鮮烈なホップの香り。アルコールも通常より0.5%高く、力強くリッチな味わい。キレが良い一方でグリーン・ハーブの余韻が長く続く芳醇で贅沢なビールでした。ホップはペレット(乾燥後に圧縮・固形化されたもの)を使用しているそうです。
③は凍結した生のホップを使っているため、フレッシュで爽快なハーブの香りが楽しめました。

新鮮な国産ホップを贅沢に使えば、新蕎麦のように”旬のビール”が楽しめることを実感しました。

【一番搾りプレミアム】
・2014年6月より販売。“深く華やかな香り”を実現した一番搾り。
・秋田県大雄[たいゆう]産「かいこがね」の第一等品ホップを贅沢に使用。
(ホップの等級は第一等から第三等まで)
・通常の煮沸工程に加え、発酵工程でもホップを漬け込む、ひと手間を加えた製法。

「かいこがね」について
・柑橘香(グレープフルーツのようなシトラスの香り)や沈丁花のようなフローラルな香りを中心とした華やかな香りが特徴。
・「キリン2号」の変種で、黄色い葉をつける株。約60年前に山梨県(甲斐の国)で発見され、後に秋田県で栽培される(名称の「かい」は甲斐の国、「こがね」は黄金色の葉の特徴に由来)。

【とれたてホップ】
・収穫から8時間以内に、生のホップをマイナス50℃で急速冷凍。
→取れたてのホップ(毬花)の約8割は水分であり、冷蔵だけではすぐにしおれてしまうそうです。
・粉砕は液体窒素下で凍結したまま行う(粉砕時の温度上昇を避けるため)。
・粉砕後は空気をシャットアウトするアルミの袋に凍ったまま窒素封入されて各工場に運搬。

<ホップの香りの違い~ペレットと凍結・生>
・通常のペレットは、乾燥したハーブや草木を思わせる香り。
・凍結・生ホップは、青草や果実のような新鮮な香り成分がたくさん含まれており、フローラルでピュアな香りが際立つ。

<2015年のホップの出来>
”春先に高温が続き、早期開花による収量低下が懸念されました。しかし、梅雨に入り低温が続いたため、香りの質、強度ともによいホップが収穫できました(キリンHPより)”。

★手書きのメッセージ
151121キリン取手_手書きティッシュ
スタッフの手書きメッセージ付きのティッシュが最後に配られました。
ホスピタリティに溢れた対応に心が癒されました。

[Link]Indexページに戻る
[Link]Nomura Seijiの公式HP
[Link]ご意見・お問い合わせはこちらから
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : ビール工場見学
ジャンル : グルメ

プロフィール

Nomura Seiji

Author:Nomura Seiji
・お酒と薬膳理論の入門講座、飲酒教育
 nomuras.jimdo.com
・JSAワイン検定講師
・JSAワインエキスパート
・1971年生
・東京在住

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR