FC2ブログ

【見学】キリンビール取手工場(茨城・取手)

8/26のキリンビール横浜工場に続いて、キリンビール取手工場を見学しました。
取手工場では「一番搾り」に加えて、「ハートランド」や「ハイネケン(ライセンス生産)」も造っています。

テーマ:一番搾り うまさの秘密体感ツアー
日 時:2014年9月3日(水) 13:30~14:40(70分)
場 所:キリンビール取手工場(取手駅から徒歩20分。路線バスあり)
料 金:無料

★外観
140903キリン取手外観
取手工場は国道6号線沿いにあります。無料シャトルバスはありませんが、路線バスが使えます。

★麦芽とホップ
140903キリン取手材料
横浜工場と同様、麦芽とホップの実物に触れることができます。麦芽は試食もできます。

140903キリン取手麦芽
キリンは精麦を自社(福岡工場)で行う国内唯一のビールメーカーだそうです。

140903キリン取手ホップ
ホップは海外産の他、岩手県遠野など東北3県で契約栽培されたものも一部使われています。
「一番搾り とれたてホップ」はその年の夏にとれた遠野産ホップだけを使っているそうです。

★仕込釜
140903キリン取手仕込糖化釜
銅製の麦汁煮沸釜(ウォルトパン)は直径約7.5mで、現存する世界最大級のものだそうです。取手工場創業の1970年から2007年まで使われていましたが、現在は写真奥のステンレス製の釜にすべて入れ替わっています。

★麦汁の試飲
140903キリン取手麦汁試飲
「一番搾り」の一番搾り麦汁と、「冬麒麟」の二番搾り麦汁の試飲。

★発酵
140903キリン取手酵母顕微鏡
取手工場では、酵母菌を顕微鏡で観察できます。
酵母の大きさは1/100㎜。丸っこい形ですが、死ぬとクタッとなる(という表現がツボ)そうです。

★パッケージング
140903キリン取手缶詰機
リンサー(洗缶機)で洗浄後に、缶フィラー(缶詰機)でビールを詰め、空気が入らないように素早くフタをして巻締めを行います。

140903キリン取手樽詰め
樽のラインが動いているのは珍しいそうです。内洗機→印字機→樽詰め機→ストレッチラベラー→キャッパーの順に処理します。

★ロゴの隠し文字
140903キリン取手ロゴ
見学コースの最期に飾ってあった大きなロゴ。おなじみのデザインの中に、"キ"、"リ"、"ン”の3文字が隠されています。

このとき、キリン「氷結」は(焼酎ではなく)ウォッカがベースとの説明もありました。

知らなかった...

★試飲(無料で3杯まで)
140903キリン取手試飲カウンター
通常は飲み終わってから次の1杯をもらいますが、お願いして3種を同時に試飲させてもらいました。

「一番搾り(フローズン生)」は、モルトのリッチなコク
「ハートランド」は、柑橘類のようなフルーツの香り
「ハイネケン」は、クリアなキレ

が顕著に感じられました。

140903キリン取手フローズン生
-5度で凍らせた泡を乗せた「一番搾りフローズン生」。

★感想など
・同じキリンの工場見学でも、横浜と取手では内容も試飲アイテムも異なっていたため、有意義な体験ができました。
・3種類を比較試飲すると、同じピルスナーでもずいぶん違うことがわかりました。

[Link]Indexページに戻る
[Link]Nomura Seijiの公式HP
[Link]ご意見・お問い合わせはこちらから
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : ビール工場見学
ジャンル : グルメ

プロフィール

Nomura Seiji

Author:Nomura Seiji
・お酒と薬膳理論の入門講座、飲酒教育
 nomuras.jimdo.com
・JSAワイン検定講師
・JSAワインエキスパート
・1971年生
・東京在住

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR