FC2ブログ

[JSA]シャンパーニュ"ジャカール"の魅力 @千葉県・舞浜

日本ソムリエ協会(JSA)のセミナーに参加しました。

テーマ:シャンパーニュ "ジャカール" の魅力
種 別:JSA関東支部 第9回例会セミナー
協 力:国分(株)
日 時:2015年11月10日(火) 14:00~16:00
会 場:シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル(千葉県・舞浜)
定 員:120 名
講師1:フロリアンヌ・エズナック女史(ジャカール最高醸造責任者)
講師2:谷宣英氏(JSA関東支部 東京地区長/第13回A.S.I.世界最優秀ソムリエコンクール日本代表)
料 金:無料(JSA会員価格。同伴者・一般5,000円)


151110ジャカール会場
会場は、ディズニーリゾートラインのベイサイド・ステーションから歩いてすぐ。
JR舞浜駅から2駅(運賃260円)です。


151110JSAジャカール舞浜ラウンジ
【シャンパーニュ・ジャカールについて】
・1964年、30のブドウ栽培家によりランス市のジャカール通りにて設立(グランドメゾンの中で最も若い)。
・1998年、アリアンス・シャンパーニュ・グループ(生産者協同組合)が買収し販売会社となる。
・1800のブドウ栽培家を有し、2400haの自社畑(AOCシャンパーニュ全体の7%以上)から厳選されたブドウを使用し3つのワイナリーで生産。
・70か国以上に輸出、世界トップクラスのホテルや航空会社にて採用。
・ノーベル賞授賞式の晩さん会にて”ブリュット2002”が2007~2009年まで3年連続でサーブされる。


【メゾンのこだわり】
・キュヴェ(一番搾り果汁)のみ使用。
・熟成期間は、ノン・ヴィンテージでも3-4年(通常は15カ月)以上、ヴィンテージものは5年(通常のミレジメは36カ月)以上。


【フロリアンヌ・エズナック女史について】
・コニャック生まれ。
・2004年、ランス大学醸造学部を卒業し、ワイン醸造の道に進む。
・2006年、ヴィーヴ・クリコに入社。アッサンブラージュのメンバーとして、またブランド・アンバサダーとして活躍(ジャカールは未来志向、ヴィーヴ・クリコは伝統に基づくメゾンであり、両者の性格は異なるとのこと)。
・2010年、ジャカールの最高醸造責任者に就任。


151110ジャカールボトル
【テイスティング・アイテム】
①ブリュット・モザイクNV
②ロゼ・モザイクNV
③エキストラ・ブリュットNV
④ブラン・ド・ブラン2006
⑤キュヴェ・アルファ2006

ブドウ品種、リザーヴワイン、格付クリュ、熟成期間、ドサージュ
①CH40-PN35-MN25、Rsv20%、Cru90%+、40m+、Dsg10g/ℓ
②CH40-PN35-MN25、赤ワイン20%、Cru90%+、40m+、Dsg10g/ℓ
③CH40-PN35-MN25、Rsv20%、Cru90%+、5y+、Dsg3g/ℓ
④CH100、Premier Crus & Grand Crus100、6y+、Dsg8g/ℓ
⑤CH50-PN50、7y+、Dsg7g/ℓ
151110ジャカールテイスティング
全体的にシャルドネがメインの繊細でライトなストラクチャー。
③と①は明確なドサージュの違いが楽しめました。

因みに、シャルドネのフレッシュさを大切にするため、
足元はドサージュ・ゼロを造る意思はないそうです。


【ドサージュについて】
質疑応答でドサージュに使う”糖の種類”が話題になったので調べてみました。
エズナック女史は、糖の種類でシャンパンの味わいが変わると答えていました。

ビストロひこや様ブログより
"ドザージュで使用される糖の種類は、砂糖きび糖、ビーツ糖、MCR(Moût de raisins Concentré Rectifiéムー・ド・レザン・コンサントレ・レクティフィエ)といわれるブドウ濃縮果汁の3つ”

シャンパーニュ―醸造設備と製造工程の実際(Kita Sangyo様)より
”シャンパーニュは、3段階(補糖、ティラージュ、エクスペディシオン)で砂糖(蔗糖、シュクロース)を使う。通常、ビーツ(さとう大根、または甜菜)だが、サトウキビやブドウ由来蔗糖も使用”

条文等は未確認ですが、①サトウキビ糖(cane sugar)、②ビーツ糖(beet sugar)、もしくは③濃縮ぶどう果汁(MCR)が使われるようです。

なお、Peter Liem氏の『Dosage: Liqueur vs. MCR』2008.7.21によると、MCRの使用には慎重論もあるそうです。
慎重派いわく、”MCRの大部分はラングドック産で、シャンパーニュとは産地どころかぶどう品種まで違う可能性もある?”
賛成派いわく、”ぶどう由来でない糖類のほうがMCRより異質では?”
などなど...

Peter氏は「エクストラ・ブリュット(残糖度0~6g/ℓ)以上で、厚みにやや欠けるワインのMCRは、口に含むと少しsyrupy(シロップのように甘くねばねば)な感じが気になるが、深みがあって果実味に富んだワインのMCRは良い」と述べています。

酒造りは、奥が深い...


[Link]Indexページに戻る
[Link]Nomura Seijiの公式HP
[Link]ご意見・お問い合わせはこちらから
スポンサーサイト



テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

プロフィール

Nomura Seiji

Author:Nomura Seiji
・お酒と薬膳理論の入門講座、飲酒教育
 nomuras.jimdo.com
・JSAワイン検定講師
・JSAワインエキスパート
・1971年生
・東京在住

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR