FC2ブログ

【見学】旭酒造(山口県・岩国市) - 「獺祭」の蔵元

「獺祭(だっさい)」の蔵元を訪ねました。

日 時:2015年11月5日(木) 11:00~
場 所:旭酒造(周防高森駅から約8km。タクシーで2,180円)
内 容:本社蔵見学40分、希望者のみ有料試飲(300円)
料 金:200円(白衣・帽子の実費)
予 約:HPより(11時または14時からの1日2回、各5名以内)

★アクセス
151105周防高森駅・獺祭
最寄駅はJR岩徳線の周防高森駅。岩国駅9:43→周防高森駅10:15の列車に乗りました(片道410円)。1両編成のレトロな車両が旅情をかきたてます。駅から目的地まではタクシーで約15分。運転手さんによると、写真の左奥の3つの建物は獺祭の酒米用の倉庫(精米工場?)だそうです。

★外観
151105旭酒造・獺祭・本社蔵
本社蔵は12階建ての現代的な建物でした。
川を挟んだ対面に集合場所の獺祭ストアがあります。

★獺祭ストア
151105旭酒造・獺祭・待合室
集合は10分前。売店にはここでしか買えない銘柄も並んでいます(ただし購入本数に制限あり)。受付後に男性のガイドが迎えに来てくれました。

★ビデオ・ルーム
151105旭酒造・獺祭・ヴィデオルーム
まず2階のビデオ・ルームへ。見開き1枚の資料「酒蔵見学のしおり~獺祭ができるまで」が配られ、その後に模型による建物の説明と、動画による酒造工程の説明を受けました。

★建物の模型
151105旭酒造・獺祭・建物模型
12階:会議室・ホール
11-10階:原料処理
9-7階:仕込み
6・4階:製麹(5階は機械制御室)
2階:酒の分析・検査室
1階:事務所

★エア・シャワー
151105旭酒造・獺祭・エアシャワー
ビデオの後は、長靴に履き替え、白衣・帽子を着用して、手洗いとエア・シャワーを行いました。写真はガイドの男性。この後にエレベーターで原料処理を行う階へ移動しました。

★製造工程(丸数字は”見学のしおり”の8工程)

①精米<見学なし>
自社の精米工場(岩国市周東町下久原の国道2号線沿い)にて、山田錦を50%以上磨きます。酒米のサンプルが獺祭ストアに展示されていました。
151105・旭酒造・獺祭・精米

②洗米
151105旭酒造・獺祭・洗米
洗い上がりにムラができないよう、1日分の5,000kgを少量の15kgずつ洗米するそうです。

③蒸鏹[じょうきょう]
151105旭酒造・獺祭・蒸鏹
大型機械で米を蒸します。ベルトコンベアの上を蒸米が高速で流れていました。

151105旭酒造・獺祭・甑
甑[こしき]も置いてありましたが、一部にしか使用していないそうです。

④製麹[せいきく]<見学なし>
米こうじを作る工程は衛生管理のため見学不可でした。

⑤仕込み
151105旭酒造・獺祭・仕込み
エレベーターで仕込みの階へ移動。タンクは3,000ℓ×100本。仕込みは3段。杜氏がいないため、品質管理は2階の分析室のスタッフがデータに基づいて行うそうです。

151105旭酒造・獺祭・タンク
室温は年間を通して5度。もろみの温度は12度を超えないように管理(冷やしたくない時はカバーをかけ、温度を上げたい時は周りに水を流して調整)するそうです。

⑥発酵
酵母はきょうかい9号ではなく、9号系の3種(16、14、18)を個別に培養し、酛おろしの際にブレンドして使用しているそうです。9号だと思い込んでいました...

⑦上槽<見学なし>
主に圧搾機(ヤブタ)を利用。他に圧力をかけない「遠心分離機」を使うものもあるそうですが、歩留まりが悪く生産量は少ないそうです。

⑧瓶詰<見学なし>
全ての酒を鑑評会の出品酒と同様に取り扱います。風味を逃さないよう瓶詰後に加熱処理を行います。

★試飲
151105・旭酒造・獺祭・試飲メニュー
獺祭ストアの試飲メニュー(100円/1000円)

151105旭酒造・獺祭・試飲
手前右から、スパークリング、50、三割九分、二割三分。奥は「磨き その先へ」

【メモ1】販売アイテムの例
・「磨き その先へ」720ml、32,400円
・「獺祭 磨き二割三分」300ml、2,160円
・「獺祭 等外」720ml、1,404円
・「旭酒造の酒」720ml、540円

「等外」は規格外の米を使用。粒ぞろいが悪いため35%まで磨いているそうです。
「旭酒造の酒」は、獺祭として造られたが気になる香りがあるためもう一度ろ過したもの。ラベルもなく紙のタグが結ばれているだけですが、かなりコスパの良い酒でした。

【メモ2】「磨き その先へ」とスーパー・タスカン
精米歩合を公表しないのは企業秘密ではなく、その時々により数値が異なる(状態が良い時は20-19%、そうでなければ21-22%)ためだそうです。精米歩合が示せないため、純米大吟醸と同じ造りにも関わらず”普通酒(特定名称酒8種に該当しない最下位ランク)”となるそうです。「スーパー・タスカン(ワイン法では認められない品種や製法を使用した格付け下位の上質なイタリア・トスカーナ産ワイン)みたいですね」と漏らしたら、ガイドの男性が詳しく説明を返してくれました。後で聞いたら、3年前に修行先のパリから帰国したソムリエさんでした。
訪問前は杜氏がいないことに物足りなさを感じていましたが、各所にこのようなプロを揃えているとしたらすごい蔵だなと思いました。やはり、実際に訪問してみないとわからないことが多い... 

緻密なデータ管理で醸す「獺祭」は確かに美味しいし完成された酒だと思います。
でも、獺祭とは別に「杜氏が試行錯誤を重ねて醸す酒(特に、生もと系)」もあればどれだけ素晴らしいだろう... 
経営が順調な旭酒造だからこそ、伝統ある杜氏文化も継承してほしいと素人ながらに思いました。
(「旭富士」を復活させて、チャレンジ精神旺盛な若手の杜氏に任せる...とか)

[Link]Indexページに戻る
[Link]Nomura Seijiの公式HP
[Link]ご意見・お問い合わせはこちらから
スポンサーサイト



テーマ : 日本酒の酒蔵見学
ジャンル : グルメ

【見学】藤井酒造・酒蔵交流館(広島・竹原) - 第1回全国清酒品評会の主席「龍勢」の蔵元

マッサンの生家・竹鶴酒造に続き、1940年の第1回全国清酒品評会で最優秀賞に輝いた「龍勢」の蔵元、藤井酒造の酒蔵交流館を訪ねました。

日時:2015年7月26日(日) 11:00頃~
場所:藤井酒造・酒蔵交流館(広島県竹原市本町3丁目4-14)
内容:自由見学、試飲(ガイド無し)
料金:無料
交通:夜行バス(東京→岩国。萩エクスプレス)、18きっぷ(岩国駅⇔三原駅⇔竹原駅ほか、1日あたり2,370円)

★アクセス
150726 (10c)竹原駅
酒蔵交流館の最寄り駅はJR呉線の竹原駅。駅から目的地までは約1.1kmです。この日はおよそ400m離れたところにある竹鶴酒造から竹原市歴史民俗資料館を経由して徒歩で訪れました。

★竹原の町並み
150726 (51)竹原町並み
酒蔵のある竹原は「安芸の小京都」と呼ばれ、木造の古い日本建築が軒を連ねる美しい町並みが残されています。竹原は、穏やかな瀬戸内の海に面しており、かつては製塩業や酒造業で栄えていました。

★酒蔵交流館
150726 (50c)藤井酒造_外観
酒蔵交流館の建物は築250年の木造蔵。この日はちょうど外装工事中で足場が組まれていました。

150726 (41)藤井酒造_入口
酒蔵交流館の入口。館内には売店や試飲コーナー、食事処(そば処)などが設けられています。酒造道具も一部展示されています。

★館内
150726 (42)藤井酒造_酒林
酒林。
150726 (43)藤井酒造_木桶
木桶。
150726 (46)藤井酒造_タンク
タンク。

★売店
150726 (49c)藤井酒造_売店
売店では純米酒や酒器、雑貨類のほかに、酒粕を使った菓子類や酒粕エキスを配合した石鹸などが販売されています。

★試飲
150726 (47)藤井酒造_試飲
売店の一角で試飲をさせて頂きました。

<試飲アイテム>
・「宝寿 三人文殊 芳醇純米」特別純米、八反錦、精米60%、Alc.16%。税別1,350円/720ml。
・「夜の帝王」特別純米、八反錦、精米65%、Alc.15%、税別1,136円/720ml。

八反錦は広島県オリジナルの酒造好適米です。どちらも純米酒らしい米のうまみを残しつつ、すっきりとした飲みやすいお酒でした。藤井酒造が求める酒質は、食事をしながら楽しめる食中酒。HPには以下のように紹介されています。
”細やかで丁寧な酒造りの結果として誕生する上品な芳香はありますが、突出した香りを求めた酒ではありません。華美な香りではない分、お料理に合わせて様々な温度帯でお楽しみ頂けます。”

★仕込水
150726 (48)藤井酒造_仕込水
売店では仕込水のペットボトルが販売されていました。竹原市の田万里から採水した地下水で、硬度は3.8(ドイツ硬度)。
竹原は、 今も地下水を水道水として使用しているほど清冽な水に恵まれた土地です。主要銘柄「龍勢」の名称は、裏山の龍頭山から湧き出る井戸水で醸した酒がとても良質だったことに由来します。

★藤井酒造について
江戸時代末期の文久三年(1863年)に、初代・藤井善七氏が善七醸造として創業しました。現当主の藤井善文氏で五代目になります。杜氏をつとめるのは次男の藤井雅夫氏(S38生)。前任の長崎芳久杜氏(出雲)の薫陶を受けて平成6年に杜氏に就任しています。藤井酒造のブランドには、創業以来の「龍勢」のほか、「宝寿」などがあります。また、伝統的な”生酛づくり”も手掛けいます。

<輝かしい受賞歴>
「龍勢」は、明治40年(1907年)に開かれた”第一回全国清酒品評会”にて主席に輝いています。
また、2007年には世界最高権威のワインコンクールであるIWCの第1回日本酒部門(2007 純米吟醸/大吟醸部門)で最高金賞トロフィーを受賞しています。

(参考)全国清酒品評会と全国新酒鑑評会の違い ~ ウィキペディアより
”明治政府の殖産興業の旗印のもと、明治20年代(1890年代終わり頃)から日本酒の品評会が各地で開かれるようになったが、地方によって基準がまちまちであり、やがて全国を同じ基準で統一した品評会が求められるようになった。また、当時は醸造技術が未熟で、酒が製成される前に腐ることもあったため、技術の向上のためにも系統的な品評会の開催が必要となっていった。
いっぽう明治政府にとっては、酒税は重要な国庫の財源であったため、これを確保するためにも国立醸造試験所の設立をはじめとして醸造業を後押しした。やがて1907年(明治40年)に日本醸造協会が主催する全国清酒品評会が開かれ、さらに1911年(明治44年)に第1回全国新酒鑑評会が開かれるにいたった。
「品評会」が審査によって優劣をつけることを主たる目的としているのに対して、「鑑評会」は個々の酒の製造者に対して専門家の評価を示して技術向上に役立ててもらうことを主たる目的としている。”

<純米酒へのこだわり>
1941年に始まった太平洋戦争で米不足に拍車がかかり、純米酒の製造が禁止された時期がありました。その際、三代目当主の善七氏は、「純米酒以外の龍勢は龍勢ではない」として、同銘柄の販売を停止したそうです。5代目によって"龍勢"が復刻されたのは、それから30年以上が経過した1980年頃。純米酒にこだわる藤井酒造は、後の1999年には自社製造品を全量純米酒に転換しています。

★帰路(快速・瀬戸内マリンビュー号)
150726 (64)瀬戸内マリンビュー
帰りはJR快速・瀬戸内マリンビュー号に乗車できました(竹原駅11:57→三原駅12:28)。2両編成で指定席と自由席が1両ずつ。自由席なら18きっぷで追加料金はかかりません。運行は土日のみです。

150726 (69)瀬戸内マリンビュー
呉線は海岸線のギリギリを走ります。車窓からは行きと同様に、瀬戸内海の絶景が楽しめました。

150726 (71)瀬戸内マリンビュー車窓
車窓と海がこんなに近くに...

150726 (67c)瀬戸内マリンビュー_忠海駅
快速の次の停車駅(各駅停車では3つめ)の忠海駅から徒歩5分のところには”アヲハタジャムデッキ”があります。アヲハタジャムの工場見学ができるほか、売店やギャラリー、瀬戸内海の絶景が楽しめるスカイデッキなどがあります。アヲハタジャムは1932年の創業以来、瀬戸内海の柑橘類を原料としたジャム類などの製造・販売を行っています。同じ母体のキユーピーと共にキユーピー・アヲハタグループを構成し、歴史的にはキユーピーと兄弟的な関係にありましたが、2014年12月よりキユーピーがアヲハタの親会社となっています。社名の表記は”アヲハタ”で、アオハタではありません。

150726 (76)瀬戸内マリンビュー_今治造船
安芸幸崎駅には今治造船(株)の広島工場があります。この辺りは瀬戸内工業地域に含まれます。同社の本社がある今治市は瀬戸内海を挟んでちょうど南側に位置しています。

★三原駅周辺
150726 (82)三原桟橋
乗り継ぎの合間に、三原駅周辺を散策しました。駅の南側およそ300mのところには三原桟橋があります。

150726 (85c)三原城跡
駅のすぐ北側にある三原城跡。

★広島のコンビニ飯
150726 (86C)三原
この日のランチは駅のコンビニで広島っぽいものを選びました。たこめしと広島菜巻のおにぎりに、アサムラサキのかき醤油をつかったポテトチップス。お伴はヤッホーブルーイングの「僕ビール、君ビール」。蛙のイラストがかわいいこの銘柄は、フルーティーなホップの香りと爽やかな酸味、アフターの心地よい苦味が効いたセゾンスタイルのビールです。

[Link]Indexページに戻る
[Link]Nomura Seijiの公式HP
[Link]ご意見・お問い合わせはこちらから

テーマ : 日本酒の酒蔵見学
ジャンル : グルメ

【見学】竹鶴酒造(広島・竹原市) - ジャパニーズウイスキーの父・竹鶴政孝(マッサン)が生まれた酒蔵

広島県の竹鶴酒造を見学しました。NHK連続テレビ小説『マッサン』でおなじみのニッカウヰスキーの創業者、竹鶴政孝(愛称、マッサン)の生家です。

日時:2015年7月26日(日) 10:30頃~
場所:竹鶴酒造(広島県竹原市本町3-10-29)
内容:見学(外観のみ)
料金:無料
交通:夜行バス(東京→岩国。萩エクスプレス)、18きっぷ(岩国駅⇔三原駅⇔竹原駅ほか、1日あたり2,370円)

★アクセス
150725 (7)萩エクスプレス
東京から山口県の岩国まで夜行バスの萩エクスプレスを利用しました(東京駅19:30→岩国駅前翌6:22)。写真は宮島サービスエリアの休憩時に撮ったものです。
150726 (6)三原駅
岩国駅からJR線の各駅停車を乗り継いで最寄駅の竹原駅へ(岩国駅6:47→竹原駅10:16、18きっぷ利用)。写真は三原駅での乗り換え時に撮影したJR呉線。
150726 (68)JR呉線
JR呉線は海岸線に沿って走る区間が多いため、車窓から瀬戸内海の絶景が楽しめます。
150726 (10c)竹原駅
竹原駅前のロータリー。駅から酒蔵までは約900mです。

★道の駅たけはら
150726 (15)道の駅たけはら
竹原駅から竹鶴酒造へ向かう途中に、”道の駅たけはら”があります。館内には売店やレストランの他に、観光情報コーナーがあります。
150726 (12)道の駅たけはら_マッサン
1階には『マッサン』の登場人物の等身大(?)パネル写真がありました。同番組は2014年9月29日から2015年3月28日まで放映され、平均視聴率は21.1%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)に達しました。人気番組の効果で、竹原市を訪れる人が急増したそうです。

★竹原の町並み
150726 (17)竹原本町通り
かつて製塩業と酒造業で栄え、”安芸の小京都”と呼ばれた竹原には、昔の木造建築が軒を連ねる美しい町並みが残されています。竹鶴酒造は町並み保存地区(美観地区)のメインストリート”本町通り”沿いにあります。

★竹鶴酒造について
150726 (24)竹鶴酒造_外観正面
竹鶴酒造の外観。江戸中期に建てられた町家が今も現役で使われています。
150726 (26)竹鶴酒造_外観北側
主屋と南の蔵が最も古く(江戸期)、その後の増築により、現在では複数の棟が軒を連ねています。

<竹鶴酒造の歴史>
150726 (29)竹鶴酒造_外観(上部)
もとは江戸中期の1660年代に、”小笹屋[おざさや]”の屋号で製塩業を営んでいました(竹鶴家は頼家、吉井家と並ぶ竹原の三大塩田地主のひとつ)。1733年(享保18年)に冬場の余剰な労働力を流用して酒造業を始め、現在も酒造りを行っています。酒銘や姓の「竹鶴」は、家の裏の竹藪に鶴が巣をつくった事を「古来松に鶴と聞くも、竹に鶴は瑞兆なり」と喜び、その後「小笹屋竹鶴」と写したのが始まりとされています。

<竹鶴政孝の生家>
150726 (27)竹鶴酒造_竹鶴政孝氏の生家
竹鶴政孝は1894年に父・敬次郎の四男五女の三男として竹原に生まれました。政孝の家は祖母の代に分家して製塩業を営んでいましたが、本家の主人夫妻が長男誕生直後に相次いで亡くなったため、敬次郎が後見として本家に入って酒造業を継ぎました。政孝は分家ながら三男として竹鶴の本家で生まれたのです(生まれた時に両親がちょうど本家に来ていたことから、この家が政孝の(実家ではなく)生家となりました)。幼少期の政孝は好奇心旺盛、相当な暴れん坊であったと言われています。
『マッサン』に登場する亀山酒造は竹鶴酒造がモデルとなっており、この建物はロケ地の一つとして使われました。

<蔵元>
社長は14代目の竹鶴敏夫氏、会長は13代目の竹鶴壽夫[-ひさお]氏がつとめています。ともに竹鶴正孝とおなじ大阪大学を卒業されています。

<杜氏>
平成8年酒造年度(H8BY)より石川達也氏が杜氏をつとめています。平成4年に竹鶴酒造に入社し、同年までの3年間は埼玉県の神亀酒造で酒造りをされていました(神亀酒造の越後杜氏に仕込まれた広島杜氏)。現在は広島酒造組合の組合長もつとめています。

★入口
150726 (30)2竹鶴酒造_入口
社名が記された木製看板。
150726 (23)竹鶴酒造_貼紙
土日の10:00~16:00のみ入店可能という情報(お店のHP以外)を見て訪れましたが、残念ながらこの日の午前中は休業でした。現在は蔵内の公開をしておらず、お酒の販売のみを行っているそうです。

★店内
150726 (54)竹鶴酒造_店内
入口の扉のガラス越しに店内の様子が少し伺えました。

★マッサン展(竹原市歴史民俗資料館)
150726 (34)竹原市歴史民俗資料館
竹鶴酒造から北へ約200m歩いたところにある竹原市歴史民俗資料館で、生誕120周年を記念した”マッサン展”が開かれていました。
150726 (37)竹原市歴史民俗資料館
館内にはマッサンと家族の写真や、妻・竹鶴リタの直筆の手紙などが展示されていました。
150726 (36)竹原市歴史民俗資料館
通常の入館料は大人100円ですが、マッサン展のコーナーは入場無料でした。

この後は、400mほど西側にある藤井酒造・酒蔵交流館を訪れました。第1回全国清酒品評会で首席に輝いた「龍勢」の蔵元です。

かつては竹原に数十軒あった酒蔵も、いまや3軒(竹鶴酒造、藤井酒造、中尾醸造)に減ってしまったそうです。

[Link]Indexページに戻る
[Link]Nomura Seijiの公式HP
[Link]ご意見・お問い合わせはこちらから

テーマ : 日本酒の酒蔵見学
ジャンル : グルメ

プロフィール

Nomura Seiji

Author:Nomura Seiji
・お酒と薬膳理論の入門講座、飲酒教育
 nomuras.jimdo.com
・JSAワイン検定講師
・JSAワインエキスパート
・1971年生
・東京在住

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR