FC2ブログ

[JSA]ポルトガルワイン・マスタークラスセミナー(東京・目黒)

日本ソムリエ協会(JSA)技術研究部が主催するセミナーに参加しました。
今年度のWines of Portugal Challenge受賞ワイン6種のテイスティングを通して、ポルトガルワインの潮流などを学べました。

テーマ:2017 Wines of Portugal Challenge受賞ワインのテイスティング
種 別:JSA特別マスタークラスセミナー
日 時:2017年7月7日(金) 12:30~14:00
会 場:ホテル雅叙園東京 3Fペガサス(東京都目黒区下目黒1-8-1)
講 師:石田博氏(JSA副会長)ほか
料 金:無料(JSA会員価格)
協 力:Wines of Portugal


★会場
170707 (1)ホテル雅叙園東京
会場はホテル雅叙園東京(目黒雅叙園)3Fの「ペガサス」。別室ではWines of Portugal Japanese Sommelier of the Year 2017のコンクールが開かれていました。
170707 (5)WOPセミナー_テーブルセット
セミナーのテーブルセッティング。


★2017年度のWines of Portugal Challenge(以下、WPC2017)
110名超の審査員が、1,373種のポルトガルワインの中から優れた341種(Great Gold=Premium Gold=30種、Gold=121種、Silver=190種)を選出。さらにGread Goldの中から、7部門の最重要賞が選ばれています。

以下、2017.5.22付の記事、”Alentejo and Dão are the winners of 2017 Wines of Portugal Challenge”からの参照です。

<Great Gold30種のエリア別ランキング>
9種=Alentejo(アレンテージョ。南部)
9種=Douro e Porto(ドウロとポート。北部)
4種=Dão(ダォン。中部)
3種=Lisboa(リスボン。中部)
2種=Bairrada(バイラーダ。中部)原文では3種
2種=Vinho Verde(ヴィーニョ・ヴェルデ。北部)
1種=Tejo(テージョ。中部)

DouroとPortoは同じエリアのD.O.C.(原産地呼称)で、前者はスティルワイン、後者は酒精強化ワインに付与されます。

<7種の最重要賞(The seven most important awards)>
・Best Wine of the Year=Villa Oliveira Touriga Nacional,2011(Dão)
・Best Varietal Tinto= 同上
・Best White Wine Blend=Quinta dos Carvalhais Reserva,2012(Dão)
・Best Red Wine Blend=Quinta do Crasto Vinha Reserva,2014(Douro)
・Best Varietal White= Muros Antigos Loureiro wine,2016(Vinho Verde)
・Best Liqueur=KOPKE Porto Colheita,1967(Port)
・Best Sparkling =Quinta do Ortigão Cuvée,2012(Bairrada)

Great Goldのエリア別獲得数はAlentejoの9種、Douroの6種(酒精強化のPorto3種を除く)、Dãoの4種と続き、3位のDãoは最重要賞7部門のうち3部門を併せて獲得しています。同国には31のD.O.C.が認可されていますが、この3エリアは特に注目度が高まりそうです。


★テイスティング・アイテム
170707 (21)WOPセミナー_テイスティングアイテム(glass)
セミナーでは、WPC2017で受賞した341種の中から6種(白1、赤5)が提供されました。1~5はGrand Gold、6はSilverを受賞、2は最重要賞7つのうちのBest Red Wine Blendに輝いています。

<テイスティング・アイテム>
1.SOCALCOS DO BOURO, 2016(Vinho Verd)
2.Quinta do Crasto Reserva Vinhas Velhas, 2014(Douro)
3.QUINTA DA ESCUSA TINTO, 2015(Tejo)
4.HERDADE SÃO MIGUEL TOURIGA NACIONAL, 2015(Alentejo)
5.QUINTA DO CARMO RESERVA TINTO, 2012(Alentejo)
6.QUINTA DA PONTE PEDRINHA TOURIGA NACIONAL, 2014(Dão)


★個別銘柄について
セミナーでは、講師の石田副会長に加えて、現地を訪れたばかりのコンクール参加者の臨場感あふれるコメントを聞くことができました。

①SOCALCOS DO BOURO, 2016
生産地:Vinho Verd
生産者:CORINA ALMEIDA
ブドウ:Loureiro、Arinto(=Pedernã)、Trajadura
アルコール度数:12.5%、pH:3.24
メモ:ブドウは(有名なアルバリーニョではなく)、ロウレイロ、アリント(ペデルナァ)、トラジャドゥーラの3種をブレンド。限定区画のブドウを使用し、発酵温度は低めの12度。フローラルの香り、ピュアな果実香が印象的。スワリングするとVinho Verdらしいミネラルや石灰のニュアンスも。活き活きとした酸、余韻にかけては心地よい苦味へとフォーカス。

②Quinta do Crasto Reserva Vinhas Velhas, 2014
生産地:Douro
生産者:QUINTA DO CRASTO, SA
ブドウ:古木(Old vines)のブドウ25~30種のブレンド
土壌:Schist(片岩)
アルコール度数:14.5%、pH:3.65
メモ:凝縮感のある古木のブドウを多数ブレンド。外観にはっきりとしたグラデーションが見られ、黒系果実やスパイス、樹脂など様々な要素が層(レイヤー)をなす複雑な香り。凝縮した果実味、きれいな酸、緻密なタンニン。シスト土壌はブドウに繊細さやエレガンスを与えるそうです。Melhor Vinho Tinto Blendを受賞。D.O.C.のDouroは、酒精強化ワインで有名なPortoと同じエリアで造られるスティル・ワインに付与されるもの。歴史が浅いため、現代的で洗練された造りを行う傾向があるそうです。

③QUINTA DA ESCUSA TINTO, 2015
生産地:Tejo
生産者:ROMANA VINI - VINHOS E CULTURAS LDA
ブドウ:Touriga Nacional20%, Alicante Bouschet35%, Sousão15%, Syrah20%
アルコール度数:13.0%、pH:3.27
メモ:ブドウはトウリガ・ナショナル、アリカンテ・ブーシェ、ソウザォン、シラーの4種をブレンド。”タンテュリエ(仏語で染色)”と呼ばれる果肉まで赤いブドウ=アリカンテ・ブーシェを使用しているため、しっかりとした色調。余韻にかけてタンニンが乾いていかず、豊かな果実味が最後までしっかりと楽しめるワイン。
170707 (23)JSAポルトガルワイン目黒_HERDADE SÃO MIGUEL TOURIGA NACIONAL, 2015
グラスを回すと濃厚な色素がまとわりつくのがわかります。

④HERDADE SÃO MIGUEL TOURIGA NACIONAL, 2015
生産地:Alentejo
生産者:CASA AGRÍCOLA ALEXANDRE RELVAS
ブドウ:Touriga Nacional
アルコール度数:13.8%、pH:3.53
メモ:ステンレスタンクで発酵後、フレンチ・オーク樽で9カ月熟成。ブルーベリーやスミレのフレッシュで若々しい香りに加えて、樹脂や甘苦系スパイスなどのニュアンスも。単一品種とは思えない複雑な香りを持つ個性的なワイン。前評判の高かった生産者のひとつ。2015年のAlentejoは乾燥と程よい暑さに恵まれ高い成熟度のブドウが収穫できたそうです。

⑤QUINTA DO CARMO RESERVA TINTO, 2012
生産地:Alentejo
生産者:BACALHÔA VINHOS DE PORTUGAL
ブドウ:Aragonez(=Tinta Roriz、Tempranillo)38%、Alicante Bouschet32%、Cabernet Sauvignon20%、Syrah10%
アルコール度数:14.0%、pH:3.54
メモ:ブドウはアラゴネス(ティンタ・ロリス、テンプラニーリョ)、アリカンテ・ブーシェ、カベルネ・ソーヴィニヨン、シラーの4種をブレンド。アリカンテ・ブーシェをブレンドしているため、3と同様に濃い色調。フレンチ・オークの新樽で18カ月熟成しており、黒系果実に加えて、バニラやダークチョコレート、インクなどの香りも。凝縮感のある果実味としっかりとした酸、緻密なタンニンが調和。Alentejoらしさを感じる伝統的なブレンド。

⑥QUINTA DA PONTE PEDRINHA TOURIGA NACIONAL, 2014
生産地:Dão
生産者:MARIA DE LOURDES MENDES OLIVA NUNES OSÓRIO
ブドウ:Touriga Nacional, Tinta Roriz, Alfrocheiro
アルコール度数:14.0%
メモ:ブドウはトウリガ・ナショナル、ティンタ・ロリス、アルフロシェイロの3種をブレンド。外観にはやや発展的な印象。凝縮感のある果実香に加えて、フレンチオーク由来のバニラ香や、シナモン、ナツメグの香りも。Dãoは高い山に囲まれた平均標高が400mの産地で、スミレの花やオレンジピール、明るいスパイスなどの特長的なトーンが出やすいそうです。


★感想など
ポルトガルワインを飲む機会が少なかったため、「温暖地らしい厚みが期待できる一方で、ややカジュアルなワイン」という印象(先入観)を持っていましたが、この日のアイテムは程よい凝縮感にコントロールされ、洗練された印象でした。
石田副会長が「世界的に、”オーバーがつくもの(overripe、overmature=過熟など)”が敬遠され、アルコール度数も高過ぎないものが歓迎されている」と指摘されていましたが、その傾向がテイスティングを通して伺えました。

また、コンクール参加者の中には、白ワインを美味しく感じたと指摘した方がいました(赤ワインの試飲が続いた後だったからという可能性も示されていましたが...)。確かに1番の白ワインは気品のあるフローラルな香りが印象的で、程よい厚みと複雑さがあり、カジュアルなイメージを持っていたVinho Verdの印象が変わりました。


★Wines of Portugal Japanese Sommelier of the Year 2017
170707 (17)WOPJSOY決勝進出者
セミナーの最後には、別室で行われていたコンクールの決勝進出者5名の発表がありました。今年は80名のソムリエがエントリーし、11名が準決勝に進みました。
170707 (26)WOPJSOY公開決勝
14:30から行われた公開決勝のようす。順位は以下の通りでした。

優勝 森本美雪さん
2位 野坂昭彦さん
3位 谷川雄作さん
4位 瀧田昌孝さん
5位 吉原隆行さん


★ポルトガル・ワインについて(メモ) JSA教本2016、Wikipediaより

<ポルトガルの原産地呼称>
同国の原産地呼称は2014年現在、31のD.O.C.(D.O.P.)と14のV.R.=Vinho Regional(I.G.P.)が認可されています。教本を見返していて、以下がややこしいと感じました。

・D.O.C.のAlentejo(アレンテージョ)をカバーするV.R.は、Alentejano(アレンテジャーノ)
・D.O.C.のDouroとPortoをカバーするV.R.は、Duriense(デュリエンセ)

D.O.C.のDãoはダンともよばれ、同じ読み方であることから、作家の檀一雄氏(女優の檀ふみさんの父。著書『火宅の人』ほか)が同地のワインを好んで飲んでいたそうです。

<ポートワイン(酒精強化ワインの1種)>
Great Goldを受賞したポートワイン3種はすべて「トゥニー・タイプ」で、うち2種が「コリェイタColheita」でした。

ポートワインには黒ブドウから造られる「レッド・ポート」と白ブドウが原料の「ホワイト・ポート」があり、前者は更に「ルビー・タイプ」と「トゥニー・タイプ」に分類されます。
「ルビータイプ」は平均3年間の樽熟成後に瓶詰めされる若いタイプで、特に優れた年のブドウから造られる「ヴィンテージ・ポート」と、それに続く品質の「レイト・ボトルド・ヴィンテージ・タイプ」などのスペシャルタイプがあります。
「トゥニー・タイプ」は、酸化熟成を促して外観が”黄褐色(=Tawny)”になったもので、スペシャルタイプとして、収穫年を表示する「コリェイタ」と平均熟成年数(10/20/30/40年)を示した「熟成年数表記トゥニー・ポート」があります。

<ポルトガルの食文化>
ポルトガルの1人あたりの魚介消費量は日本に次ぐ世界第6位、米の消費量は欧州最多。日本と食文化の共通性が見られるため、ポルトガルワインは和食との相性も良さそうです。

(初稿)2017.7.17

[Link]Indexページに戻る
[Link]Nomura Seijiの公式HP
[Link]ご意見・お問い合わせはこちらから
スポンサーサイト



[JSA]第2回ワイン検定懇親パーティー

日本ソムリエ協会(JSA)のワイン検定懇親パーティーにはじめて参加しました。
パーティーの前に行われた認定講師向けのセミナーはほぼ満席(定員150名)で、注目度の高まりを感じました。

認定講師数は、ブロンズ970名(うち検定実施は319名)、シルバー341名(同207名)。
2012年以降のワイン検定合格者(第6回まで)は、ブロンズ6,300名、シルバー850名です。

日 時 : 2016年2月28日(日) 16:00~20:30 
会 場 : 八芳園(東京・白金台)
会 費 : 5,000円(2015年検定の実施講師。その他講師7,000円。一般10,000円)
内 容 : セミナー(講師のみ)、懇親パーティー

【セミナー】16:00~各1時間
[第1部] 佐藤 陽一 氏 「テイスティングセミナー」(利き酒なし)
[第2部] パネルディスカッション「募集から採点まで〜講師経験者に聞くワイン検定のすべて」

【懇親パーティー】18:30~20:30
テーマは「料理とワインのハーモニー」。和洋中のビュッフェ料理と17種類のワインを通して、様々なマリアージュを確認できました。乾杯の挨拶は田崎真也新会長。お椀とシャンパーニュ、刺身と赤ワインの相性についての解説がとても参考になりました。

<お椀とシャンパーニュ(モエ・エ・シャンドン)>
160228ワイン検定パーティー (10)
・瓶内二次発酵による「アミノ酸(酵母由来)」とドサージュの「糖分(8-9g/ℓ)」により生じる、シャンパーニュのスモーキーでカラメルのような香味が、お椀のダシと調和するそうです。また、シャンパーニュの柑橘類のような香味が、”吸い口”のような役割を果たすそうです。

<まぐろの刺身と赤ワイン(ジュヴレ・シャンベルタン)>
160228ワイン検定パーティー (13)GIF
・鉄分の多い赤身の刺身と、ミネラリティを感じる若い赤ワイン。香りを引き立てるため(わさびではなく)マスタードを使用し、土佐醤油には赤ワインを2割ほどブレンドしているそうです。

<チーズ>
160228ワイン検定パーティー (14)
右上から時計回りに
①コンテ【ハード】牛、フランス/フランシュコンテ、フランスを代表する山のチーズ、仏AOCチーズの中ではトップクラスの生産量、重さ40㎏もする大きな円盤型。
②サント=モール【シェーブル】山羊、フランス/ベリー、表面に白カビ、シェーブル・ロン(長い山羊チーズ)、木炭の粉を吹き付けたサント=モール・ド・トゥーレーヌも。
③ミモレット【ハード】牛、フランス北部産が発祥地のオランダをしのぐ勢い、仏語で”半分やわらかい”。
④フルム・ダンベール【ブルー】牛、フランス/オーヴェルニュ。高貴なブルーといわれる。
⑤ポン=レヴェック【ウォッシュ】牛、フランス/ノルマンディ、12世紀に修道院で作り始められたノルマンディー最古といわれるチーズ。表面にワラのあと。

<スイーツ>
濃厚な甘さのガトー・ショコラには甘味が凝縮されたボンヌゾーの貴腐ワインが良く合いました。一方で、甘酸っぱいフレッシュフルーツのカクテルには同じく爽やかな酸味を持つシャブリが調和しました。逆にするとどちらも口の中に違和感が残りました。また、青いハーブの香りがするサンセールはどちらにも合いませんでした。


<ワイン>
160228ワイン検定パーティー (6)
①発泡NV「モエ・エ・シャンドン ブリュット・アンペリアル」(仏・シャンパーニュ)
②赤2008「ジュヴレ・シャンベルタン フレデリック・エスモナン」(仏・ブルゴーニュ)
③赤2012「レゼルヴ・ド・ラ・コンテス」(仏・ボルドー・ポイヤック)
④赤2009「エルミタージュ・ルージュ イー・ギガル」(仏・コート・デュ・ローヌ)
⑤赤2009「カオール・ロタンティーク シャトー・ピレネ」(仏・シュッド・ウェスト)
⑥赤2007「バローロ フラッテリ・ジャコーザ」(伊・ピエモンテ)
⑦赤2013「カルムネール・レゼルバ トレオン・ド・バレデス」(チリ・セントラル・バレー)
⑧赤2011「ダーレンベルグ・ハイ・トレリス・カベルネ・ソーヴィニヨン」(豪・南オーストラリア州)
⑨白2011「シャブリ・プルミエ・クリュ・モンテ・ド・トネル ジェラー・デュプレン」(仏・ブルゴーニュ)
⑩白2012「カシス・ブラン ドメーヌ・ド・ラ・フェルム・ブランシュ」(仏・プロバンス)
⑪白2010「サンセール・ル・シェーヌ・マルシャン リュシアン・クロシェ」(仏・ヴァル・ド・ロワール)
⑫白2014「アルザス・リースリング アルベール・マン」(仏・アルザス)
⑬白2004「ボンヌゾー レ・メルレッス ルネ・ルヌー」(仏・ヴァル・ド・ロワール)※貴腐
⑭白2014「フィアーノ・ディ・アヴェッリーノ フェウディ・ディ・サン・グレゴリオ」(伊・カンパーニャ)
⑮白2012「アレハイレン・クリアンサ アレハンドロ・フェルナンデス」(西・ラ・マンチャ)
⑯白2010「アルバリーニョ パゾ・バランテス」(西・リアス・バイシャス)
⑰ロゼ2014「バンドール・ロゼ シャトー・ド・ピバルノン」(仏・プロヴァンス)

ワイン検定の講師ページ

[Link]Indexページに戻る
[Link]Nomura Seijiの公式HP
[Link]ご意見・お問い合わせはこちらから

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

ブルネッロ・ディ・モンタルチーノの試飲会(東京・恵比寿)

ワイン雑誌『ヴィノテーク』他が主催する試飲会に参加しました。
19生産者の「ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ」が同時に利ける贅沢なイベントでした。

テーマ:ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ ~ ワイン愛好家のための試飲会
日 時:2015年11月9日(月)18:00~20:00
会 場:ウェスティンホテル東京(東京都目黒区三田1丁目4-1)
料 金:無料
主 催:ブルネッロ・ディモンタルチーノ・ワイン生産者協会、ヴィノテーク

★会場
151109ブルネッロ入口
ウェスティンホテル東京は恵比寿ガーデンプレイスと直結しています。試飲会の会場は地下2階の「ギャラクシールームA」でした。

★試飲会の様子
151109ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ試飲会
入口で試飲用のワイングラス1脚を受け取り、それを持って各生産者のブースを回ります。

★ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ
「モンタルチーノ」は、イタリア共和国のトスカーナ州シエナ県にある基礎自治体(コムーネ)で、3つの川(オンブローネ、アッソ、オルチア)の間に聳える標高564mの丘の上に位置しています。ワインの生産はエトルリア時代から行われていたとされています(テロワールは後述)。

「ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ」は19世紀前半に、地元生産者が伝統的に栽培されてきた「ブルネッロ(サンジョヴェーゼの亜種)」から生み出した赤ワインです。1966年にDOC(統制原産地呼称)を認められた最初の8つのワインの1つに選ばれ、1980年にはイタリア初のDOCG(保証付き統制原産地呼称)に認定されました。

★モンタルチーノ産ワインの「呼称(DOCG、DOC)と主な生産規定」
・生産地域はすべてモンタルチーノ(サンタンティモは一部例外区域を含む)。
・瓶詰はワイン生産地域のみ。

①ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ【DOCG・赤】
葡萄:ブルネッロ(サンジョヴェーゼ)、最大収穫量は8トン/ha
熟成:オーク樽で最低2年、瓶内で最低4カ月(リゼルヴァは6カ月)
市場への販売:収穫後5年後(リゼルヴァは6年後)の1/1から。ボトルはボルドー形

②ロッソ・デイ・モンタルチーノ【DOC・赤】
葡萄:ブルネッロ(サンジョヴェーゼ)、最大収穫量は9トン/ha
市場への販売:収穫翌年の9/1から。ボトルはボルドー形

③モスカデッロ・ディ・モンタルチーノ【DOC・白】
葡萄:モスカート・ビアンコ
最大収穫量:10トン/ha(スティル、フリッツァンテ)、5トン/ha(遅摘み)
市場への販売:遅摘みタイプは収穫後の2年目の1/1から。

④サンタンティモ【DOC・赤白】
生産地域:モンタルチーノ(と一部例外の小区域)
葡萄:シエナ県で推奨・認可された品種すべて。但し、特定の品種表示のワインとヴィン・サント(聖なるワイン。伝統的なイタリアの甘口ワイン)は限定された規定あり。
最大収穫量:9トン/ha(白・赤)、8トン/ha(品種名をラベル表示する赤ワインすべて)
瓶詰:シエナ県のみ

★出品者(19)
BARBI
BARTOLI GIUSTI - TENUTA COMUNALI
CAMIGLIANO
CAPANNA
CAPARZO
CAPRILI
CASTELGIOCONDO - MARCHESI DE’ FRESCOBALDI
CELESTINO PECCI
CERBAIA
COL D'ORCIA
LA FIORITA
LE MACIOCHE .
LE RAGNAIE
MOCALI - POGGIO NARDONE .
PARADISONE - COLLE DEGLI ANGELI
PODERE LE RIPI
RIDOLFI
SASSODISOLE
UCCELLIERA

★デザートワイン
遅摘みのモスカート・ビアンコを使った白ワインが印象に残りました。マスカット種の気品あふれるムスクの香りと、凝縮されたブドウの甘味が楽しめました。
151109モスカート・ビアンコ
銘柄:Moscadello di Montalcino DOC Vendemmia Tardiva 10
和名:モスカデッロ・ディ・モンタルチーノV.T.
品種:モスカデッロ100%
収穫:10月下旬(通常は9月上~中旬)
発酵:アリエ産トノー
熟成:アリエ産トノーで12カ月
生産:CAPANNA
価格:5,500円(税別)

★モンタルチーノの気候、土壌、生産地域
・気候は典型的な”地中海性気候”(乾燥傾向)。ただし、大陸気候的な要素も(海とアペニン山脈の間に位置するため)。
・降雨は春と晩秋に集中。年間平均700㎜。
・標高400m以上では冬に降雪も。
・丘陵地帯は(風が吹き抜けるため)霧・凍結・霜の発生はまれで、葡萄生育に最良の環境。
・南のアミアータ山(標高1740m)がモンタルチーノを雨や雹などの嵐から守る。

・モンタルチーノの丘は異なる地質時代に形成。
・標高が最も低い地区は、比較的もろい土壌で構成。第四紀由来の深い堆積物がある。
・標高が上がると、土壌は母岩、特にガレストロやアルベレーゼの風化によって形成された岩石で構成。

・モンタルチーノ地域24,000haのうち、ブドウ栽培面積は3,500ha(約15%)。
・うち、ブルネッロ・ディ・モンタルチーノが2,100haを占める。
・モスカデッロ・ディ・モンタルチーノは50haのみ。
・生産地域はほぼ四角形。境界は3つの川に接している。

<参考>エトルリア(ラテン語: Etruria)
紀元前8世紀から紀元前1世紀ごろにイタリア半島中部にあった都市国家群。ギリシャ語ではティレニア。エトルリア人は、インド・ヨーロッパ語族に属さないエトルリア語を使用し、エトルリア文化を築きましたが、徐々に古代ローマ人と同化し消滅してしまいました。初期のローマ人はエトルリアの高度な文化を模倣したとされ、ローマ建築に特徴的なアーチは元々、エトルリア文化の特徴であったといわれています。

[Link]Indexページに戻る
[Link]Nomura Seijiの公式HP
[Link]ご意見・お問い合わせはこちらから

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

プロフィール

Nomura Seiji

Author:Nomura Seiji
・お酒と薬膳理論の入門講座、飲酒教育
 nomuras.jimdo.com
・JSAワイン検定講師
・JSAワインエキスパート
・1971年生
・東京在住

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR